家庭教師を申し込むための理由は? そのところをきちんと確認

子供の状態を把握した上で選ぶ

子供の状態とは、学校に行けてるか・友達と仲良く出来ているか・今の健康状態はどうなのかということなどに当てはまります。
学校に行けてない子であれば勉強に遅れが出てきますし、塾に行きたくても家から遠くて通うことが難しかったりもします。
また、勉強を毎日コツコツとやってても、塾に行ってても中々成績が上がらず悩んでいる子もいます。
そういう状況を発見したならば、家庭教師をつけることを決めるべきです。
塾行ってたとしても、子供が塾自体の場所が合わなかったら逆効果です。
いかにして、子供の勉強環境を良くしてあげられるかを考える1つとしての家庭教師は良い方法だと思います。
今の子供の状態をしっかりと把握し、それを確認したうえで家庭教師を選びましょう。

目標・理由を明確にすることが大事

目標やゴールを持っていなかったら、モチベーションも上がりませんし、勉強するという意味も分からなくなってしまいます。
例えば、家庭教師の人と一緒に目標を決めてみるのもいいかもしれません。
1日何時間勉強するであったり、定期試験で平均点を何点取るなどの目標を作ってそこに向けて頑張るということは一番大切になってきます。
塾だと、その場所に行ってその時だけ勉強するということになってしまうので、これでは成績も上がりませんしあまり意味もありません。
ですが、家で常に毎日机に向かって勉強するということを目標にすれば、持続する力が伸びると思います。
1週間、2週間ごとに1回という回数でのやりとりがもしかしたら自立の面でも良い傾向になるのではないでしょうか。